ファーストネーションズとは | 北西海岸インディアンの分布図 | 代表的な部族と特徴 | 代表的な作品と特徴 | 社会構造 | 漁業と狩猟の技術 | 捕鯨の技術 | 戦闘について | 丸太カヌー | 木工細工 | カヌーの種類 | 住居 | 衣類 | 信仰と儀式 | ポトラッチと呼ばれる行為 | シンボルの意味 | トーテムポール大辞典
 丸太カヌー
  太平洋岸ファーストネイションズは、レッドシダー(米杉)の丸木カヌーを使用して、もっぱら水の上を移動手段としていました。ハイダ族、ティムシャン族、クワキゥトル族やベラクーラ族が使っていたカヌーは、船首と船尾が高く突き出していて、水面に対して弓形になり、波がカヌーに進入するのを防いでいました。カヌーの所有者を表す紋章は、船首と船尾にしばしば装飾されています。

カヌーのサイズは彼らの目的によって変わりました。 1人~2人乗り用の小さな狩猟用カヌーは長さ5m以下でしたし、ハイダで作られた大規模なカヌーは長さ16メータで幅も2メーター以上ある物でした。これは40人を乗せて2トンも積載する性能があり、ハイダのカヌー製造者の腕前は広く有名でした。彼らのカヌーは春のナス川でのロウソクウオ漁の際、海岸インディアンや大陸のインディアンからも交易の品として多くの需要がありました。

 木工細工
  太平洋岸ファーストネイションズの人々は単純な工具にもかかわらず、優れた大工でした。彼らは、主に厚板へ容易に分けられる柔軟な柾目の通った杉を加工しました。沿岸の部族は、多くの物に杉を使いました。マスクにトーテムポールにカヌー、家、収納箱および儀式の物すべて。杉の内側の樹皮からは、枕から服まで種々様々の物(格子縞模様のテーブル・マットやナプキン、バスケットなど)を作りました。太平洋岸部族で使用される基本的な木工具は、手斧(内側へ曲がる刃を備える)とノミ(石、貝またはオオシカの角のいずれかで作られていた)、堅木のついたストーンハンマーです。手斧には荒仕事用の長い柄の大型のものと、D型の持ち手のついた仕上げ用の2つのタイプがありました。

カヌーを作ることはすべての太平洋岸部族で宗教芸術と考えられました。実際の構築手順には3~4週かかり、カヌー製造者は祈りや性交への禁欲のパターンを含む自分自身への儀式がありました。カヌーの船体は水蒸気を柔らかくする手順がとられました。そこに木製の船のストレッチャーは入れられ、カヌーの側面とは別々に放置されました。よい砂岩とサメ皮を使って滑らかな外表面に仕上げられました。カヌーの外部は、外部が黒で内部は赤に塗るのが好まれました。

カヌーの種類

西海岸・ウェストコーストスタイル:バンクーバー島で最もよく見られたスタイル。外洋の船旅のために設計されて、舳先は緩く立ち上がり動物が彫刻されており、船底は平らで船尾にいくに従い細くなっていた。船尾は垂直に立ち上がる。


コーストサリッシュスタイル:主に河や湾内で使用された。ハイダスタイルに似ているが、より長く、両端はそれほど立ち上がっていない。船首部分から船べりに沿って紋章が深く刻まれた船も多かった。


北部・ハイダスタイル:両端が際立って立ち上がり、航海に優れた形をしていた。

 

Published under the authority of the Minister of Indian Affairs and Northern Development.Ottawa 1996